水抜き

水抜きとは?
北海道のような寒冷地では、冷え込みの強い日や長時間家を留守にされると、水道管内の水が凍結することがあります。
水道管内の水が凍結してしまうと、水が使えなくなります。
更に水道管が破裂(破管)し、水道管から漏水します。
そうなってしまうと、甚大な被害が発生します。
そこで、水道管内の水を抜く事を「水抜き」、「水落とし」と言います。
水抜きの考え方
水抜き - 水抜きの考え方 各住宅に入ってくる水を止める栓があります。これを通常「元栓」と呼びます。
この元栓を締め、部屋内の各蛇口を開くと水道管内の大体の水は抜けます。
しかし、それだけでは全ての水は抜け切れません。

例えば、蛇口より下に留まっている水は抜けませんし、水道管の中に空気が入らないと水が抜けません。
イメージとしてストローを水につけ、ストローの先を指で押さえストローを引き上げてから、指を離すと水が抜けていくのと近い考え方です。
もし凍結・水道管破裂したら
・ 解氷作業代はご自身のご負担となります。
・ 水道管破裂による漏水事故の現状回復費用もご自身の負担なります。

例)内装費
  水道管復旧費
  他のお部屋に漏水した場合は、その方の家財用品の弁償等々
  掛かる費用はすべてご自身の負担となりますので、くれぐれもご注意下さい。

解決WiKi

活動記録